スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

P.7 「In bed. A cause.」






In bed. A cause.


-就寝中。起こすな。-

リーフさんが部屋から出て行ったのはほんの数分前。

しかし、ほんとに数分前なのだろうか…。

なんだか少し、時間が長く感じる。

何故ならば、


僕は今レイトさんとこの部屋に2人っきりだからである。


(気まずい…。)

今の状態は、少し狭めの部屋で僕はベッドの脇に、

レイトさんは部屋においてあるデスクのいすに座っている。

(何か話したほうがいいかな…?)

さっきからレイトさんは壁を見つめたまま微動だにしない。

これは今、僕の知らないこの世界のことについて聞いてみるべきなのだろうか。

(よし!!)

意を決して聞いてみようと、僕はベットから降りてレイトさんのほうへと足を進めた。

「あの…、レイトさん。」

「……。」

「あのーー。」

「……。」

返事がない。

話しかけても微動だにしないその様相はまるで人形を思わせるかのようだ。

「あの、すみません。…ん?」

その時に、僕はその人形と違う様子の部分を見つけた。

…目が閉じられていた。

(この人、もしかして…)

「zzzzzz…。」

「寝てるっ!?」

(マジか。っていうかいつから寝てたんだこの人。)

とりあえず起こしてみることにした。

「レイトさん。起きて下さい。」

レイトさんの背中?を揺らす。

「ん。」

「レイトさん。」

その瞬間、レイトさんの目がカッと見開かれた。

(!!!起きた!?)

「Zgomotos!!!Mi somn!!!」

(っ!!!!!?????)

なっ、何語!?






Q.サイト更新じゃないの?

A.「何のこと?」


果たしてレイトはいったい何語でなんと言ったのでしょうかwww

スポンサーサイト

2010年10月02日 | orikabi-This world is | こめんと 0件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。