スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

P.02 『I don't know 』



再投稿




「あの…。僕犬じゃないんですけど。」

「そんなはずは無いよwww自分の頭触ってみなよww」

頭?僕は言われたとおりに自分の頭をさすってみた。

「!?」

「ね。」

僕の頭に耳があった。

(な…、何で!?僕って犬だったっか!?僕は確か普通の…。あれ?)

「「wwwwwwww」」

「……?」

ん?なんか2人がすごいニヨニヨ笑ってるような…。

「…ブッ。アーーーーもうだめwww笑いを押さえられないwww」

「?・・・・?」

(何だ?何で笑ってるんだ?)

「気ずいてないんだねw」

そういった赤い羽根の女性は僕の頭の耳に手をかけた。



スポンッ



「へっ?」

「これカチューシャwww」

だ…。騙された…?

「あーおもしろかった。」

「……。」













「まぁ、というわけで…。」

「君の名前はなーに?」

ぜんぜん話が見えない…。

「…。ひ、人の名前を聞くときは、自分の名前を名のるのが先じゃないですか?」

とりあえず言ってみたけど、本当に何なんだこの人たち…。

「ww。そうだね。じゃあ私たちの自己紹介を先にさせてもらうね。」

「!」

「私の名前は『リーフ・デルロイ』リーフって呼んでね。」

「俺の名前は『レイト・ストレイズ』まぁ適当に。」

赤い羽根の女性が『リーフ』さん

猫耳の男性が『レイト』さん

「「君の名前は?」」








「僕の名前は…。」

スポンサーサイト

2010年06月30日 | orikabi-This world is | こめんと 0件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。