スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

No.01 余震



校内鬼ごっこ。




ゆずる「何だ?今の放送。」
寧々 「なんか不気味…。でも、たぶん悪戯じゃないかな。」

「そうだな。」ゆずるはそう返事をし、また2人で帰り仕度を再開する。
ナイトリアルナ学園は他校の生徒たちから「フリーダム学園」とも呼ばれている自由な高校だ。
あまりにも自由なため、不良校とまではいかないが素行の悪く悪ふざけの過ぎるやつらも当然いる。
なのでこんな悪戯は日常差万事なのだ。
帰り仕度も終わり、今まさに帰ろうとしていた時だった、いつもの悪戯とは違う演出が起こった。

バチンッ!!

ゆずる「っ!?」
寧々 「きゃあ!!」

急にあたりが暗くなった。
全ての電気が消えた。
停電だ。
ゆずるは窓から周りの住宅街の様子を確認するが、周りの民家に停電の様子は見られない。
どうやらこの学校だけが停電しているらしい。

寧々 「なんだ、停電かぁ。」

ここで、「きゃあ怖い!!」という王道があればよかったのにな…。とゆずるは思ったが、残念だが寧々にその様子は見られなかった。
寧々はホラー物には耐性がついているため、お化け屋敷なども勝手に1人でスイスイ行ってしまうような女性だった。
なので、停電程度では驚くだけで怖がりまではしないのだ。
ゆずるにとって、寧々は自慢の彼女だが、少々の不満もあるのだった。
この時2人はまたすぐに復旧するだろうと思っていたが、何が原因なのかまったく復活する様子が見られない。
もしかしたらこの停電のせいで誰か怪我をしたりしている生徒がいたら危ないと思い、ほかの教室の様子も見に行こうという話になった。

寧々 「みんな、大丈夫かな。」
ゆずる「水樹あたりなら滑って転んでそうながするけどなww」
寧々 「確かにww」

2人ではははと笑い暗く、人気のない廊下を歩いていった。

時刻は午後4時30分



水樹「くしゅん!!」

ものすごく派手な桃色の髪をした少年「酒田水樹」がくしゃみをひとつ。
どこか、女性を思わせるような乙女なくしゃみだった。

由衣「うるせぇ。あと汚い。」
水樹「成瀬くんひどぅい!!」

そこにすかさず紫色の髪をした黒縁眼鏡の少年「成瀬由衣」がクレームをいれた。
停電が直らないというこの少し異常な事態だというのに。
この幼馴染である2人は緊張感のかけらもなかった。
とくに水樹は落ち着きのない性格で、しゃべっていないと死んでしまうのではというほどうるさかった。
だが、もう片方の由衣は自分でも間はいいほうだと自負しているほどだからだろうか、なにかに気づいているようだった。

由衣(なんだか嫌な予感がするような気がする。何だ?)

自分でも何を感じているのかが分からないらしく、頭の中で原因を探るが、途中に「厨2乙」という結論にたどり着いてしまい考えるのをやめた。
なにしろ、ただ考えているだけでは結論にはたどり着かない。
由衣はとりあえず行動を起こしてみることにした。

由衣「水樹。」
水樹「ん?なぁに。成瀬くん。」
由衣「他のやつらのとこに行くぞ。」
水樹「え?なんでって、ああ。おk把握。」

さすが幼馴染の称号を獲得しているやつだ。
成瀬との意思疎通はできているようだった。
2人はそのまま自分たちのいた教室を出て、廊下を歩いてゆく。

水樹「成瀬くんの勘はよく当たるからね。おお、カッコイイカッコイイww」

水樹が成瀬のことを冷やかす。

由衣「少し黙ってろ。」
水樹「ちぇー。」

時刻は午後4時38分



葉呂「何だったんだろうね。今の停電。なんだかすごかったね。」
京子「過去形で話してるけどよ。現在進行形で停電してるからな。」
葉呂「あ…。そうだよね。」

3階の音楽室。
落ち着いた黄土色の髪をした眼鏡の少年「秋峰葉呂」と、金髪のロングヘアーをポンパドールにゆっている「華聖京子」が2人で掃除をしていた。
文化祭の時にバンド演奏をした人たちがリハーサルのさいに音楽室を利用したらしく、中は楽譜や衣装などがそのままにされていた。
自分たちが散らかしたわけでもないものを片付けるとなると少々…いや、かなり面倒くさい。

葉呂「みんな大丈夫かなぁ。」
京子「そんなに気になるならメールでもしたらどうだ。」

それもそうだ。葉呂は携帯を開き、メールを打ち始めた。
すると、横から京子が画面を覗いてくる。

京子「相変わらずだよな。その文章。」

京子がげんなりとした顔で言う。

葉呂「えっ?そ、そうかなぁ。」

葉呂はあまり理解できていないようだった。

『送信しますか?』

葉呂「はいっ、っと…。」

葉呂の打ち込んだ文章が電波となってほかの携帯まで届くのもすぐだろう。

葉呂「なんだか。この停電普通じゃないような気がするんだよね。」
京子「厨2みてぇな発言すんな。」
葉呂「そこは突っ込まないでほしいな。」

えへへ、と葉呂が笑う。
電気はまだ直ってはいなかった。

時刻は午後4時40分

スポンサーサイト

2012年05月19日 | original-校内鬼ごっこ | こめんと 1件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント



わくてか、わくてか(σ*´∀`)


2012年05月19日 / 柚李かなと #-URL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。